ZOOT NATIVE NEXT 違い

ZOOT NEXTとZOOT NATIVEの違い

違いを分かりやすく説明するために、各サービスの一番の特徴をご説明します。

 

ZOOT NEXTの特徴

 

フレッツ光、Bフレッツに対応したブロードバンドサービスです。

 

簡単に言うと、回線の接続サービスです。

 

ZOOT NEXTにはIPv4とIPv6という2つの接続方法があります。

 

ZOOT NEXTに加入していれば、無料オプションでIPv6も利用できます。

 

ZOOT NATIVEの特徴

 

直前まで光ケーブルなのは一緒ですが、大きく違うのは、 IPv6 のみであること。

 

それから、光スプリッタという混雑の原因となりうる機器を通過せず通信ができるサービスです。

 

ZOOT NEXTとZOOT NATIVEのサービス料金の違い

 

ZOOT NEXT利用料

ファミリー マンションタイプ 月額1,080円
ベーシック・ プライオ1タイプ 月額2,160円

 

各サービスの違いは、マンションタイプと戸建・上位性能タイプの違いです。

 

ZOOT NATIVE利用料

月額 2,160円

 

共通事項

共通点は、どちらのサービスも2ヶ月間無料でいつでも止められることろです。

 

ZOOT NEXTとZOOT NATIVEの違いまとめ

 

ZOOT NEXTは通常のプロバイダと考えてよいです。

 

回線速度はプロバイダにも左右されるところがありますので、こちらに切り替えて改善するということはあります。

 

ZOOT NATIVEとは、通信方式を従来の込み合ったものから、快適なものへ替えるサービスです。

 

サービスを利用するには、専用ルーターが必要になります。

 

ZOOT NEXTは一つのプロバイダとして、安定しているかどうか2ヶ月使ってみるという使い方の出来るサービス

 

ZOOT NATIVEは、速度低下が改善されないとき、根本的な解決を試みることができるサービスと言えます